■CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

■SELECTED ENTRIES

■CATEGORIES

■ARCHIVES

■PROFILE

書いた記事数:20
最後に更新した日:2013/09/25

■SEARCH THIS SITE

■OTHERS

■MOBILE

qrcode

「雨の日の松江」「そうでない日の松江」ライブプレス発表

 5月29日夕方6時、JR松江駅にて新ステージお披露目も兼ねて、6月10日「雨の日の松江」ライブと17日「そうでない日の松江」ライブのプレス発表がありました。
この日は、東京から山本恭司さん、俣野温子さんもお招きして、浜田真理子さんノグチアツシの4人の出演者のみなさんにお集まりいただき、ミニミニライブも開催しました。


まずは、6月から雨の日に松江駅構内に流していただけることになった安来のおじ(ノグチアツシさん)作詞作曲の「水の都に雨が降る」を浜田真理子さんとお二人で披露。駅独特の空気感の中、大勢の観客がしみじみと聞き入りました。


その後、松江出身今や世界的ギタリスト山本恭司さんと、多くの作品を手がけるクリエイター俣野温子さん登場!でますます駅構内は盛り上がりました。俣野さん作詞、恭司さん作曲の初公開の貴重な歌に皆感動です。


浜田真理子さんは、俣野温子さんデザインの素敵なレインコートと傘をさして登場!どんどん熱く盛り上がります!!


その後、別室で報道関係者の取材を受けていただきました。
はじめての松江にもかかわらず、急な記者の質問に快く答えてくださる俣野さんのお人柄に、感動しきりです。。。。

そしてそして、19時より、サードプレイス研究会の例会も兼ねて、4人のゲストの皆さまをおむかえして、50人ほどの決起集会(?)を開催しました。


スペシャルゲストとして、山本恭司さんのお父様にも来ていただきました。はつらつとされて、とても90歳とは思えないお元気なごあいさつに一同拍手喝采、なんとなんと!ハーモニカ演奏で「ふるさと」を恭司さんと共演され、会場はますます盛り上がっていきます。
もちろん!もうもう、恭司さんのギターにはしびれまくりです!



それからは、もう大変なことに!山本恭司さん、ノグチアツシさん(時々安来のおじ)、浜田真理子さん、俣野温子さんの4人による夢のようなセッションまで実現してしまいました。
まるで、ライブの打ち上げかのようなすごい盛り上がり!いやいや、ライブはこれからです〜〜!

6月10日「雨の日の松江」

6月17日「そうでない日の松江」

どちらも、見逃せません!

いや、ぜひとも両方観ていただきたい!

もう、この夜のミニステージでも十分満足してしまいましたが、一体本番どんな凄いライブになることか、もう想像を遥かに超えております〜〜。

みなさま!!チケットはまだ間に合います!

どうぞ、最寄りのプレイガイドにてお急ぎください!!


Little mardigras in Matsue

 今回関わってくださったすべての方に感謝いたします。ありがとうございました。

  428日(土) 東京から、ハチャトリアン楽団、大阪から フリーフライトブラスバンドの方々を迎え、地元の中央小学校金管バンド 中央キッズバンドと八雲小学校金管バンド 八雲スカイバンドとともにに京店商店街をパレードすることができました。

東京のマルディグラ ジャパンと松江サードプレイス研究会、そしてニューオリンズ倶楽部 松江の初協働事業となりました。来年計画している「マルディグラ in Matsue」のPRイベントと、顔合わせもかねて。

前夜27日は、カラコロ工房にて、歓迎会。残念ながら、大阪組は、間に合わず〜

ニューオリンズ市から松江市がいただいた2006年ニューオリンズ・ジャズ&ヘリテイジ フェスティバルのポスターをもって、記念撮影。感無量。

この日が初披露となりました。

28

1350にカラコロ工房に全員集合。

京店商店街 さぬきや跡までみんなで移動。

1400 パレードスタート。

 ハチャトリアン楽団とフリーフライトブラスバンドは、マルディグラマスクをつけ、

子供たちは、マルディグラビーズをつけて。

短い距離だったけど、たのしい〜。

カラコロ工房まで、帰って、小学生たちの合同演奏(聖者の行進と、風になりたい)

そして、ジャズのリズムを体感するワークショップ。なかなかこの裏打ちが意外とできないのだ。みんなが、自然と体が揺れるようになるといいな〜

そのあとは、フリーフライトブラスバンドのニューオリンズスタイルのブラスの演奏と、

地元松江のKTT。まさかのコインチョコ投げの演出に子供たちにっこり、大騒ぎ。

そして、トリはもちろん、ハチャトリアン楽団。前回9月に来松した際は、トロンボーン ハロチャンとバンジョー まるやまくん、そして、ドラムス 三輪さんだったのに、いきなり楽団になって再来松。チューバのひっし―と、トランペットのなほちゃが加わって、総勢5名。良かった〜。

 子供たちは、あまりのお天気の良さにばてばてだったけれど、さすが松江の子供たち。

楽しいんだか、なんだかわからないリアクションだったけど、あとから聞くと、とても楽しかったそう。みんなで、マルディグラマスクを作って帰りました。

 次回もまた、一緒にやろうね。

 

 そして、夜の部がはじまりました。つづく・・・

[池尻 由香]

 


「雨の日の松江」一周年記念事業記者発表!

 爆弾低気圧襲来の中、カラコロ工房にて「雨の日の松江」一周年記念事業のプレス発表を行いました。
おかげさまで、たくさんの報道関係者のみなさまに来ていただき、賑やかにはじまりました。

メインイベントとなる6月の「雨の日の松江ライブ」に出演してくださる浜田真理子さん、ノグチアツシさん、「そうでない日の松江ライブ」に出演してくださる俣野温子さんのタオル美術館からは十倉チーフ、だんだん傘を寄贈してくださった商工会議所女性会の西川会長にも同席いただき、それぞれにお話しいただきました。



終了後は、カラコロ広場内に4月5日にオープンする、梅酒ダイニング「梅庵」でみんなでランチをいただきました。
このお店はBGMに常時、浜田真理子さんの音楽が流れるお店になるということで、浜田さんから全CDが贈られました。



ゆったりと落ち着いた雰囲気の店内に流れる真理子さんの歌声は、本当に素敵です〜〜。
県外からのファンの方々にも外せないスポットになりそうですね。

さて、「雨の日の松江プロジェクト」2012年事業がいよいよスタートしました。
このブログでも、これからの活動をいろいろご報告させていいただきます!
みなさまのご参加も大歓迎ですよ〜〜!

(須山広子)


山本恭司さんがライブの告知をしてくださっています♪

 僕と俣野温子さんとのコラボ・コンサートが6月17日(15時開演)に故郷の松江テルサホールで行われます。僕らはもう何年も一緒に絵と言葉と音楽を融合させた新しいアートを作り上げてきました。このConfessionもその中のひとつ。今回は松江に関わる神話や物語も織り交ぜながら新作を披露しますよ。様々な感情が揺さ振られる美しいコンサートになること必至です。楽しみにしていて下さいね。このConfessionもどんどんシェアして下さい。宜しくお願いします♪
http://youtu.be/2AEJE75nBHc


また、マーブルTV「バンドやらこい!」で
山本恭司さんが6月のライブの告知をしてくださっています。
松江市の方はご覧いただけます。
放映時間は3月27日、28日、31日です。
見れる環境の方はぜひご覧ください。

「雨の日の松江」一周年記念ライブのチラシ、ポスターができました!

 チケットの発売は4月10日からです!詳しくはトップページnewsをごらんください〜。

1