■CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

■SELECTED ENTRIES

■CATEGORIES

■ARCHIVES

■PROFILE

書いた記事数:20
最後に更新した日:2013/09/25

■SEARCH THIS SITE

■OTHERS

■MOBILE

qrcode

東京会員例会開催!

サ研の会員、現在、10人おられます。昨年は、山本恭司さん・俣野温子さんのライブの打上げを兼ねて行ないました。あれから1年。たまたま、“幸運のポスト”プロジェクトの仕事で東京に出る機会があったので、久しぶりの東京会員例会を行ないました。
9月3日(火)、渋谷・豆ちゃ。
出席は5人。お忙しい皆さんの中で高出席率でした。
石倉義朗会員、市川重樹会員、三島俊介会員、宮村章宏会員、吉村原夫会員の参加で盛り上がりました。
久保里砂子会員は、その日に青森県のむつ市に、残念!
佐々木晶子会員は、広島から東京に仕事がかわったところ、この日は福岡出張!
俣野温子会員は、超の上に超のつく多忙。それに前日お会いして楽しくお話しいたしました?
山本恭司会員は、FMラジオの集録
蓬澤宏哉会員は、出席予定でしたが、お仕事の都合で残念。
写真は、左から、三島さん、宮村さん、市川さん、石倉さん、吉村さんよ、陽気な面々。
もちろんこの時に、25年度会費も集金させていただきました(笑)
(記・山下武之)

山本恭司「音楽で元気に!プロジェクト」報告

ごうぎん島根文化振興財団助成事業として、山本恭司「音楽で元気に!」事業を行いました。
平成25年8月13日(火)特別養護老人ホーム詔光の里のロビーにて松江市出身のギタリスト、山本恭司のミニコンサートを行いました。
当日は施設入所者や介護職員合わせて約40名が鑑賞し、オリジナルの曲や、山本の母校の学校の校歌など懐かしい曲に耳を澄ませました。最後の「ふるさと」の歌は全員一緒に大合唱となり、拍手喝采の中、名残惜しくも幕を閉じました。中には涙ぐまれる方もいて、われわれスタッフもジンときてしまいました。
入所者の方はこの演奏会によって、心癒され元気をもらったと、感想を述べてくださいました。また、介護している職員の方も笑顔でみなさん楽しそうにしていらっしゃいました。演奏者やわれわれスタッフも、お客さんの笑顔を見て幸せと元気をもらうことができました。
今後もこの事業を継続して行い、たくさんの人に笑顔と元気を届けていきたいです。
今回、様々な場面でお力を貸してくださったみなさまにこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。(記:山崎)


2013.6.15 雨の日の松江プレミアムライブ 活動報告



今年もまた「雨の日の松江ライブ」を無事に終了することができました。
当日はたくさんの方にお運びいただき、大盛況に終えることができました。
来ていただいた方もそうでない方も、いろいろとお力添えをいただき
本当にありがとうございました。
みなさまの熱い応援を心より感謝いたします。
当日は、ニューオーリンズ倶楽部とのセッションもあり!

じぇじぇじぇっの潮騒のメロディーズコーナーもあり!

盛り上がりました!楽しみました!笑いました!

縁雫傘のプレゼントも、予想以上にみなさんに喜んでいただきました。
雨の日にこの傘が街中に溢れると素敵ですね。
この縁雫傘、市内のお店でも購入できますので、よろしければぜひお求めくださいね。

「雨の日の松江」をもっともっと好きになっていただけるように…
「水の都に雨が降る」をもっともっと好きになっていただけるように・・・

そんな思いのこもったこのライブはきっと、会場のみなさまの心に響いたことでしょう。
「雨の日」を楽しむことができる人がこうして年々増えていったらいいなぁと思います。

みなさま
本当にありがとうございました。
今後ともどうぞどうぞよろしくお願いいたします。
(山崎美沙)



これほど幸せな偶然のタイミングがあるのでしょうか。

心優しい「松江サ研」の皆様のご好意で、遥か江戸のど真ん中に居住している私ごときを、昨年メンバーに入れていただきました。 早速会員向けの情報で、「ジョン・クレアリートリオ」のライヴを知り、偶然今回帰郷のタイミングで運良く参加出来ました。 力強いトリオの演奏は、ジャズがあまり分からない私も直ぐに同化して、最後まで楽しむことが出来ました。 終了しても興奮冷めやらず、友人と共に伊勢宮をハシゴしました。 ホテルに戻った頃には、当然ながら日付は変わっておりました(笑) (三島俊介)

Jon Cleary Trio live 松江公演

みなさま、本当にありがとうございました。 無事ライブが終わりました〜 1か月という短い準備期間だったにもかかわらず、遠くは岡山、飯南町、鳥取市から ピーターバラカンさんのNHK FMウィークエンド・サンシャインのリスナーたちが 松江に駆けつけてくれました。 松江の会場がさながら、ニューオリンズのライブハウスのようだったとの感想をいた だきました。 今までニューオリンズといえば、ジャズ発祥の地であるということで、ジャズばかり が松江で取り上げられてきたけれど、今回のライブは、ジャズ、R&B(リズム&ブルー ス)、ニューオリンズファンクと、怒涛のニューオリンズ音楽を第1部、第2部と繰り 広げてくれました。会場全体が一体となった感がありました。 潜在的にニューオリンズファンがいることが今回のライブで明らかになり、ますます 盛り上がる松江ニューオリンズ倶楽部です。 次の計画にいまからわくわくドキドキしています。素晴らしいライブをありがとうご ざいました。 (池尻由香)